DATAで見る負動産の増加の要因

平成30年住宅・土地統計調査結果」(総務省統計局)


2018年
都道府県
空き家数上昇率
空き家率
1
山梨県
-3.10%
21.30%
2
和歌山県
14.40%
20.30%
3
長野県
1.60%
19.50%
4
徳島県
15.30%
19.40%
5
高知県
6.30%
18.90%
6
鹿児島県
13.00%
18.90%
7
愛媛県
5.00%
18.10%
8
香川県
8.30%
18.00%
9
山口県
10.60%
17.60%
10
栃木県
12.30%
17.40%
11
大分県
8.00%
16.70%
12
群馬県
4.60%
16.60%
13
静岡県
3.60%
16.40%
14
岩手県
21.80%
16.10%
15
岐阜県
4.80%
15.60%
16
岡山県
1.50%
15.50%
17
鳥取県
9.80%
15.30%
18
宮崎県
13.10%
15.30%
19
島根県
6.50%
15.20%
20
三重県
0.90%
15.20%
21
大阪府
4.50%
15.20%
22
広島県
-2.50%
15.10%
23
長崎県
-2.10%
15.10%
24
青森県
8.50%
14.80%
25
茨城県
6.20%
14.70%
26
新潟県
10.50%
14.70%
27
石川県
1.20%
14.50%
28
佐賀県
16.20%
14.30%
29
福島県
34.20%
14.30%
30
奈良県
1.40%
13.90%
31
福井県
4.20%
13.80%
熊本県
-4.00%
13.60%
32
全国
3.20%
13.60%
33
秋田県
5.80%
13.50%
34
北海道
-2.70%
13.40%
35
兵庫県
0.90%
13.40%
36
富山県
6.80%
13.20%
滋賀県
4.60%
13.10%
38
京都府
-2.00%
12.90%
39
福岡県
3.30%
12.70%
40
千葉県
3.80%
12.60%
41
山形県
16.90%
12.00%
42
宮城県
33.90%
11.90%
43
愛知県
-7.40%
11.20%
44
神奈川県
-0.80%
10.70%
45
東京都
-1.00%
10.60%
46
沖縄県
7.10%
10.20%
47
埼玉県
-2.50%
10.20%





空家の増加と耕作放棄地の増加についての調査DATAが上記になります。

5~6年前の調査結果なので、現在はコロナ等の影響もあり、さらに加速していると考えられます。

空家・空き地は増え続ける?

少子高齢化が原因と言えばそれまでですが、単純に現在利用されている住宅戸数や土地について、将来的に利用する人の数が減少している訳なので、空き地・空き家は増え続けていきます。

我が国の65歳以上の高齢者(以下「高齢者」といいます。)人口は、1950年以降、一貫して増加していましたが、2023年9月15日現在の推計では3623万人と、前年(3624万人)に比べ1万人の減少となり、1950年以降初めての減少となりました。

このうち70歳以上人口は2889万人で、前年に比べ20万人増、75歳以上人口は2005万人で、前年に比べ72万人増、80歳以上人口は1259万人で、前年に比べ27万人増となっており、65歳以上人口以外の区分では増加傾向となっています。
高齢者の人口(統計局より)




日本の総人口は、2050年には、9,515万人と約3,300万人減少(約25.5%減少)。

65歳以上人口は約1,200万人増加するのに対し、生産年齢人口(15‐64歳)は約3,500万人、若年人口(0‐14歳)は約900万 人減少すると予測されており、土地余り、家余りの状況は加速する事が目に見えています。

そうすると、自然に必要とされる不動産と、不要な負動産とに色分けがされていく事になります。

昔はここに集落があったのに・・・

ていう所が日本全国に増えていくわけです。


廃線になった鉄道などはノスタルジーを感じられる間は、現場を訪れる人もいるかもしれませんが・・・

忘れられた後を想像してみてください。

あなたの周囲にもその様な場所があるのではないでしょうか?

無理矢理観光名所的な扱いをしても、結局赤字を垂れ流し・・・

民間に払下げ・・・


要は、不要な不動産を所有する事が、未来の大きなリスクになりえると言う事を考えておきましょう・・・と言う事なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

不動産会社勤務歴23年 保有資格:宅地建物取引士 負動産でお困りの皆様のお役に立つ様、日々精進しております。