旭日旗について学んでみよう

旭日旗=戦犯旗

という虚言が、お隣韓国国民によって世界へ発信されています。

しかし、我々日本人には戦犯旗である認識は全くありません。

日本人が堂々と旭日旗=戦犯旗であるという主張に対して反論できるように、旭日旗について調べてみました。


旭日旗の歴史

旭日旗に対するイチャモンは世界中で後を絶ちません。

日本人であるならば、その歴史や成り立ちくらいは知っておきたいですね。

軍としての旭日旗、日本国内での旭日旗のこれまでの利用の歴史について知っておきましょう。

軍旗としての旭日旗

軍旗・軍艦旗としての旭日旗
1870年4月17日、明治天皇が東京駒場野において薩摩藩・長州藩など各藩兵の調練を視察することとなったが、日本の軍隊を表象し兵士の意気を顕揚するためとして陸軍初の聯隊旗が用いられた。この際に用いられたのが16条の光線を描いた旭日旗である[15]。曾我祐準中将の回想によれば、日光の端が尖っている形で提出したところ、「金平糖の看板のようだ」と良い反応が得られなかったため、日光部を拡大して提示したところ好反応が得られたという[15]。この旗は当日のみの使用であったが、6月13日(明治3年5月15日)の「明治3年太政官布告第355号」で「陸軍御国旗(陸軍御國旗)」として同じ意匠の旗が採用された。この陸軍御国旗は、日章を日章旗と同じく中央に配置し、光条(線)の数を皇室の紋章である十六葉(弁)八重表菊(菊花紋章)と同じく16(紅白で八重と見立てた場合も同じく32)とした十六条旭日旗であり、兵部省(陸軍省の前身)において考案された。これは日章旗を幕府陸軍が軍旗として採用したため、それと敵対した新政府軍の系譜たる陸軍に新たな象徴たる軍旗(=旭日旗)が必要とされたことによる。

中略
1879年(明治12年)12月2日、「明治12年太政官布告第130号」によって、従来の陸軍御国旗は旭日の意匠と竿頭の菊花紋章はそのままに、縦横の寸法を1m以下にし四方に房を付けたものにされ、正式名称を一般呼称であった「軍旗」と変え改めて制定し直された。この軍旗は歩兵連隊および騎兵連隊に授与されたことから、俗称として「連隊旗(聯隊旗)」とも呼称されている。

その陸軍に遅れること19年後の1889年(明治22年)、「明治22年勅令第111号」で従来の日章旗から変更されるかたちで、海軍は陸軍の軍旗の意匠(旭日旗)を流用し、日章位置が旗竿側に寄る旭日旗を「軍艦旗」として制定している。

引用元:Wikipedia


軍旗として採用されたのが明治3年5月15日。

幕府軍の日の丸との区別の為に採用された。

明治22年には軍艦旗(海軍旗)として採用された。

いずれも1945年の終戦まで軍旗として使用されていた。

戦後、旧日本軍との関連性を排する意図から旭日旗の意匠は用いられておらず

昭和29年6月9日に自衛隊旗として現在の陸上自衛隊旗が採用されている。
現在の自衛隊旗

昭和29年6月日に自衛艦旗として現在の物が採用されている。
現在の自衛艦旗

制定にあたり、吉田茂首相は「世界中でこの旗を知らない国はない。どこの海にあっても日本の艦(ふね)であることが一目瞭然で誠に結構だ。旧海軍の良い伝統を受け継いで、海国日本の護りをしっかりやってもらいたい」と述べている。

自衛艦旗を制定する際には
四囲の情勢はこれを許す状況にないのではないかとして、二の足を踏んでいたが、次の方針で新しい旗章を考案することとなった。
1.直線的単色なもので一目瞭然、すっきりした形のものであること。
2.一見して士気を昂揚し、海上部隊を象徴するに十分なものであること。
3.海上において視認の利くものであること。海の色と紛らわしい色彩は避けて、赤又は白を用いた明色が望ましい。

第一幕僚監部が東京芸術大学の指導を受けていたことから、第二幕僚監部でも第一幕僚監部を通じて同大学の意見を聞いたところ、

「部隊の旗としては、旧海軍の軍艦旗は最上のものであった。国旗との関連、色彩の単純鮮明、海の色との調和、士気の昂揚等、すべての条件を満たしている」

との回答があった。

また、前述の要件において、画家の米内穂豊に、旭光を主体とする新しい自衛艦旗の図案を依頼したところ、

「旧海軍の軍艦旗は黄金分割によるその形状、日章の大きさ、位置光線の配合など実に素晴らしいもので、これ以上の図案は考えようがない。それで、旧軍艦旗そのままの寸法で1枚書き上げた。お気に召さなければご辞退致します。画家としての良心が許しませんので」

というやり取りがあり、旧軍艦旗(旭日旗)が最高に良いものであると言う判断がなされた。

周囲の反対があるかもしれないので、それらしい案を考えた結果が、旧軍艦旗の継承という形になっている。

いずれにしても、旧日本軍では旭日旗が利用されており、現在も海上自衛隊でも引き継がれているのは間違いない。

民間での旭日旗使用

旭日の意匠は、「僥倖」(ぎょうこう)を意味し、ハレの祝辞に掲げられていたことにもちなみ、「軍旗・軍艦旗」の枠を超えて民間においても広く普及し、現代においても祝賀のイベントや「天晴れ」の象徴としても多く利用されており、漁師の大漁旗としても好んで使われ、また、「めでたい(時に脳天気という意味も含めて)」ことや「景気が良い」ことを表す漫画的表現などにも組み込まれることが多いデザインである。

  • 朝日新聞の社旗・・・なぜだかここに対してはクレームが上がらない

  • 勝利の祈願の旗として、サッカー日本代表戦でサポーター応援旗 ⇒ 現在は禁止されている

  • 大漁旗・・・大漁と安全祈願

  • 出産・節句の祝い

  • 何らかのお祝い時には旭日旗が利用されてきた歴史がありますね。

    また、アサヒビールの商品や相撲の化粧まわし、アサヒシューズのロゴ等、至る所でそのデザインが用いられている。

    日本政府の見解では


    旭日旗について申し上げれば、その意匠は日章旗同様、太陽をかたどっており、大漁旗、出産・節句の祝い旗等、日本
    国内で現在までも広く使用されているものであり、特定の政治的・差別的主張である等の指摘は当たらないものと考え
    ております。 政府として、韓国を含め国際社会に向けて、このような旭日旗の掲示が政治的宣伝になら
    ないという考えを累次の機会に説明しており、今後ともそうした説明を継続していきたいと考えております。
    引用元:加藤官房長官記者会見


    とされており、あくまで古来から祝い事などにも用いられる、決して政治的意図がある物では無いと言う立場である。

    いつから文句を言い出したの?

    2008年、在中国の日本大使館は、2008年北京オリンピックにおいて中国を訪れる日本人に対し、

    「旭日旗を振るとトラブルを起こす可能性がある」
    「政治・民族・宗教的な旗の掲揚禁止」

    として、旭日旗を掲げることを避けるように呼び掛けた。

    また、川崎フロンターレは、2010年4月28日に中国・北京で開催されたアウェイ試合、AFCチャンピオンズリーグ2010・北京国安 vs 川崎フロンターレ(北京工人体育場)に際し、公式サイト内の観戦ガイドにおいて、「持ち込み禁止物」の中に、公安からの指示として「

    政治的に敏感な内容、ホームサポーター及び中国人を刺激すると判断される内容を記したものは禁止」
    「旭日旗、日の丸も禁止」

    と明記している。

    最初は中国に配慮して、日本側が日本人に対して注意喚起したことが発端のようだ。

    かと言って中国から旭日旗についてのクレームは聞いたことが無い。

    韓国からのクレームの始まりは、2011年1月25日、AFCアジアカップ2011準決勝 日本vs韓国で、キ・ソンヨン選手が前半23分にPKゴールで1点を先取した際「猿真似」を披露し、その言い訳として旭日旗を見たという大噓から始まったと認識されているようですが、それ以前からも韓国によるクレームはあったようです。

    こちらを参考にして下さい。

    「猿真似」をし、日本人をバカにした事の言い訳が「旭日旗に腹が立った」という事だったとされていますが、そもそも差別行為をすること自体ダメ人間の証であり、スポーツマンとして人間として認める事が出来ません。

    旭日旗の意匠は世界中で使われているにも関わらず、今更そんなことを言い出すなんて、妄想に取りつかれているとしか思えませんね。

    なぜ旭日旗を戦犯旗だと言うのか?

    韓国併合(1910年~)によって自国が侵略された ⇒ 日本は戦犯

    旧日本軍が旭日旗を掲げていたから、旭日旗=戦犯旗

    侵略による虐げられた歴史を思い出す・・・と言うのが彼らの主張だ。

    あれれ?韓国と日本て戦争したっけ?

    していませんね。

    つまり韓国に対して日本は戦犯ではないのです。

    もしこれが戦犯だと言うならば、アジアやアフリカの国々はみんな声を上げているはずです。

    欧米諸国は全て戦犯だという事になる訳ですから。

    にも関わらず、戦犯旗と言う言葉を作り、世界へ触れ回っている。

    単純に歴史を知らない、教育度が低い国なのかもしれませんが、実際の所嘘の歴史を学んでいる為の残念な民族なのです。

    戦後の決定事項としてサンフランシスコ講和条約では、中国(中華人民共和国)と韓国は日本と戦争状態にあった国とも戦勝国とも認められませんでした。

    国際的決定事項において認められていないうえ、韓国に至っては日本の一部であったわけですから、戦後の日本に対する権利や請求権などを定めたこの条約の署名国になっていません。

    アメリカが勝手に決めた事として無視している状態なのです。

    仮にそうだとして、その後1965年に2国間条約である日韓基本条約を結んで

    「両締約国(日本と韓国)及びその国民の財産、権利及び利益並びに両締約国及び国民の間の請求権の問題が(中略)最終的かつ完全に解決されたこととなること」を確認した

    訳ですから、何かしら請求できる権限は消え去っています。

    ましてや旭日旗にイチャモンつけるなんて、筋違いにもほどがあります。

    要は、韓国国民は正しい歴史や法律を理解できない、言葉を理解できない民族なのです。

    戦争をして韓国を奪った訳ではありません。

    併合と言う名の植民地支配だった訳ですが、嫌であれば韓国との間で戦争が起こっていたはずです。

    もちろん植民地支配が良い事だったとは言いません。

    しかし、時代の流れや周辺国の状況を考慮して上での決断であり、世界中でもっとひどい植民地化がなされていたのも事実です。

    自分達だけが被害者であるとほざくのは、勝手すぎはしないでしょうか?

    旭日旗を掲げよう!

    旭日旗≠戦犯旗であり、決して戦犯旗ではありません。

    間違った歴史教育における、間違った事実を妄想してクレームをつけている訳ですね。

    旭日旗の意匠、デザインは世界中に浸透している、日本発祥のおめでたいデザインであり、日本船籍であると言う証でもあり、世界的に認められているものである。

    にも関わらず、敗戦国でも戦勝国でもない韓国人がゴチャゴチャいうのは因縁以外の何物でもないのです。

    日本人ならば堂々と、旭日旗を掲げましょう。

    それが当たり前にならなければ、常に韓国に気を遣わなければいけない、這いつくばった生活を日本人はしなければいけないという事になります。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です