仮想通貨をまだ持ってないの?なぜ?今持っておくべき理由

昨年末、BITCOINを筆頭に、数々の億り人と呼ばれるにわか成金を世に生んだ仮想通貨。

正確には暗号通貨と訳すのが正しいそうだが、コインチェックのハッキング事件や、乱高下を繰り返す安定性の無い価格、裏付けが無いと言われるその価値、詐欺である・未来の通貨という両極端な評価。

そういったネガティブな情報によって、多くの人が未だに仮想通貨を一切もっていないようだ。

全ての理由がそうであるとは言わないが、私自身もほぼ興味が全くなかったと言っていい。

そもそも株ですら興味が全くなかったので、ヒドイ博打知らない事は手を出さない・・・という自分の中の暗黙の取り決めが、動かされることは無かった。

仮想という呼び名も良くないのかもしれない。

かつての円天やマウントゴックスの様なネガティブなイメージしか沸いてこない・・・。

しかし、見方が180度変わっった瞬間があった。

プロダクトローンチについて少し勉強をしていたタイミングがあって、題材例として出てきたのが仮想通貨であった。

心の声
え、なんで今まで持っていなかったの?・・・・


なぜ仮想通貨をまだ持ってないんだ!

なぜ仮想通貨をまだ持ってないのか?

その答えは多くの人の意見として、

怖い・危険・博打・詐欺・・・というイメージがあるからだ。

そういったネガティブなイメージや先入観があると、人間は詳しく知りもせずに頭から否定する。

仮想通貨においては、確かにトラブルや事件が起こっているから、そういったイメージしかないのもわかる。

100の内の1つのみがそうであっても、100がダメにとられてしまう。

のこりの99の可能性や良い部分については、スポットを当てられにくいのが現実だ。

しかし仮想通貨は現在発展途上の初期段階であり、当然ながらデメリットの部分がある事を前提で、メリットとの両面を見て比較するのがフェアな考え方ではないだろうか?

まだ小学生に成りたての子供であれば、両面を見てあげるのが大人の務めではないでしょうか?

仮想通貨のメリットの側面

仮想通貨は世間一般にそれ程浸透していない為、絵空事にとらえられがちであるが、既に現実世界への普及は少しずつ始まっている。

中国や韓国ではキャッシュレス化が当たり前に進んでいて、現金を持ち歩いている事が迷惑な行為になってしまっているそうだ。

もちろん偽札云々が多い国と日本を同じに見てはいけないが、過去にすがり過ぎるのも日本人の良くない所だ。

リップルやイーサリアム等に投資や提携をする大手企業はかなり存在する。

近い将来、銀行の人間の絶対数は不要になり、人員削減の原因となるのが仮想通貨だ。

既にリップルでの試験運用は始まっているようで、国外送金の手間とコストを抑える事が可能になるのは間違いない。

あとはどこまで、どのタイミングで浸透するか?という事だ。

イーサリアム系の仮想通貨であれば、契約行為なども行う事が出来るようになるとされていて、不動産の売買なんかの契約行為を仮想通貨で実行し、金銭のやり取りをもしてしまう時代がやってくると言われている。

時代に取り残されるか、少しでも乗っておくのか?はどちらが正しいのかは、小学生でもわかると思うのだが・・・。

ガラケー全盛期に、スマホの開発にお金を投資する様な感じかな^^

長期的には必ず利用価値が生まれてくるのが仮想通貨なのです。

なぜ仮想通貨を今持つのか?

ビットコイン、リップルやイーサリアム等のコインは長期保有していれば必ずニーズが出てくる仮想通貨です。

少しくらいは持っておくと良いでしょう。

ここからが本題です。

いわゆる草コイン、ビットコイン、リップルやイーサリアム等とは違い取引所に上場する前の段階のコインについてです。

企業やプロジェクトチームがICOと呼ばれる資金調達を行う際に発行されるトークンが、草コインと呼ばれています。

実はこれが恐ろしく美味しい状況が存在するんです。

株でいう所の未公開株ですね。

仮想通貨の世界では法整備が未熟なために、上場の情報なんかが当たり前に飛び交っています。

もちろん詐欺的な物も含まれますが、例えばソフトバンクが出資しているだとか、SBIが出資しているだとか、〇月に上場が決まっているだとか、案外と手堅く感じる案件が沢山転がっています。

そこには滅茶苦茶確率の高いチャンスが転がっているんです。

上場が確定している株であれば、皆さん興味がありますよね?

インサイダーという概念がまかり通るのが現在の仮想通貨の世界の実情です。

youtubeの世界でも、その状況を利用してICOにおける転売行為が当たり前に行われています。

例えば

1月 プレセール  1枚=1円

2月 第2期プレセール 1枚=2円

3月 最低5円で上場予定・・・

なんていうスケジュールが当たり前に存在して、1円で購入したものを上場前に4円で売却する・・・なんてことが当たり前に行われているのです。

流石に法律に触れる部分がありますが、取り締まれていないのが現状です。

さて、毎月・毎週のようにあるこのシステムを上手く利用すると・・・・

10万円の元手が5回繰り返されると、あら不思議。

3億円を超えてしまうんです。

この例は上手くいきすぎかもしれませんが、仮に2倍であったとしても10回繰り返せば1億円を超えるのです。


こんな世界が目の前にあるのに、足を踏み入れないのは勿体ないと思いませんか?


上場やバーンの情報、そして上場前に売り抜ける方法などを駆使すれば、10万円が1億円に化ける事もあり得るのです。

あながち億り人を前面に謳う人達も間違ってはいないのです。

しかし、残念ながらいずれ規制が掛かってくると、ここまで美味しい状況は消えてなくなります。

少しずつではありますが、実際に規制も掛かってきています。


ICOまとめ

現在のICOの状況はバブルどころの話ではありません。

もっとエグイ状況が存在しています。

ここまでは誰でも説明して連れてくることは出来ます。

しかし目の前のモノをつかみ取るかつかみ取らないかはあなたの心の持ち方次第です。

あぁ、凄いなあ

で終わるか

君達まだ仮想通貨持っていないのかね?

となるかはあなた次第なのです。

もちろんいい部分だけではなく、詐欺案件も存在しているので、精査をする事は重要ですが・・・。

ここが実は肝の部分だったりします。

これだけの情報化社会なので、良い事も悪い事も両面で情報が伝わってきます。

ホリエモンが推している!という事実で良いと判断する人もいれば、あの人は昔やらかしているから・・・・というネガティブな判断と。

現在の日本では後者は少ないかもしれませんが、似たような判断をされる情報をたくさん見かけます。

そもそもの判断基準を間違っているのですが、そんな中で少しでも安定した情報をお届けできればいいかなと思う今日この頃でした。


かなり走り書きなので、後日清書しなおしますね^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です