中小企業経営強化税制による一括償却!太陽光の次はマイニングだ!

中小企業経営強化税制

この言葉を聞いたことがあるでしょうか?

太陽光発電の事業に関わった事がある方ならば、何となくわかると思います。

もしくは経営者の方ですね。

中小企業経営強化税制という税制を利用すれば、設備投資の一括償却という行為をすることが可能になり、税制面でのメリットが発生するのです。

今回は、太陽光に変わる新しい税制優遇を利用できる、マイニング投資について、ご紹介します。

これ、素敵ですよ☆彡

マイニングと中小企業経営強化税制のメリット

即時償却・・・取得価額の全額を設備を取得した事業年度の経費にすることができる

税額控除・・・
  • 個人事業者:10%

  • 資本金3000万円以下の法人:10%

  • 資本金3000万円超1億円以下の法人:7%

  • 取得価額の7%または10%(資本金3千万円以下の法人または個人事業者のみ)を税金から控除できる。

    この事は、中小企業の事業者にとって非常に大きなメリットである。


    中小企業経営強化税制を受けられる人の条件

    中小企業経営強化税制を受ける為の、本人・企業の条件 ⇒ 受けれる人・企業 とは?

    1. 青色申告書を提出する中小企業者・自営業者等
    2. 資本金1億円以下の法人
    3. 常時使用者数が1,000人以下の個人事業者

    という条件があり、その設備を指定事業に使用した場合が対象です。


    中小企業経営強化税制を受けられる事業の条件・・・指定事業

    太陽光の全量売電事業が該当しないように、例外的に該当しない=利用できない事業があります。
    • 電気業(全量売電の太陽光発電を含む)
    • 水道業
    • 鉄道業
    • 航空運輸業
    • 銀行業
    • 娯楽業(映画業を除く)
    • 風俗営業法上の性風俗関連特殊営業に該当する事業

    上記の事業については、中小企業経営強化税制受けられません

    対象外とされています。

    中小企業経営強化税制を受けられる要件と対象設備

    中小企業経営強化税制を受けられる要件
    1. 中小企業等経営強化法の認定を受けること

    2. A類型の場合は次の要件のすべてを満たす生産性向上設備
    3. ・生産性が旧モデル比で年平均1%以上改善する設備
      ・一定期間内(機械装置10年、工具5年、器具・備品6年、建物附属設備14年、ソフトウエア5年)に販売開始されたもの

    4. B類型の場合は投資利益率が年平均5%以上の投資計画に係る設備

    5. ※投資利益率とは、設備取得等をする年度の翌年度以降3年間の「営業利益+減価償却費(特別償却を除く)」の年平均額÷設備投資額で計算します。

    6. 売上高に直接寄与するような生産等設備であること(事務用器具備品、本店・寄宿舎等の建物附属設備は対象外です)

    7. 国内への投資であること

    8. 中古資産・貸付資産でないこと

    平成29年4月1日から平成31年3月31日までの間に、取得し事業に使用された次の設備が対象です。

    なお、中小企業経営強化税制は、生産性向上設備のA類型と、収益力強化設備のB類型があり、対象設備の範囲はB類型のほうが広いです。

    中小企業経営強化税制を受けられる設備・・・A類型
    • 機械装置(取得価額160万円以上)

    • 測定工具および検査工具(30万円以上)

    • 器具・備品(30万円以上)・・・医療機器、データセンター業者の電子計算機を除く

    • 建物附属設備(60万円以上)・・・医療保健業を除く

    • ソフトウェア(70万円以上)・・・情報を収集・分析・指示する機能有するもの

    上記条件を満たした新品の設備であることに加え、工業会等の証明書(中小企業等経営強化法の経営力向上設備等に係る生産性向上要件証明書)が発行されたものです。

    ただし、最新の設備である必要はありません。

    中小企業経営強化税制を受けられる設備・・・B類型
    • 機械装置(取得価額160万円以上)

    • 工具、器具備品(30万円以上)・・・医療機器、データセンター業者の電子計算機を除く

    • 建物附属設備(60万円以上)・・・医療保健業を除く

    • ソフトウェア(70万円以上)・・・情報を収集・分析・指示する機能有するもの

    経済産業局による投資利益率に関する確認書(B類型)を取得できる物になります。

    A類・B類についての経営力向上設備等の取得に関しては参照
    経営力向上設備等の取得時期・税制の特例適用等について


    マイニングで中小企業経営強化税制による一括償却って結局なんだ!?

    長々と要件について書いてきましたが、結局何がどう徳なんだ!?という話になります。


    簡単に言うと、平成30年度の事業収益が1,000万円ありました。

    1,000万の利益に対しては税金が当然掛かります。

    税金で払うのであれば、自社の設備を購入して投資した方がいいけども、5年や10年に別けて減価償却しても、結局その部分しか節税にならない・・・。

    1,000万の物を購入して、1,000万円控除・・・経費として見てもらう事が出来たなら、得した気分になるよね?

    というお話です。


    結果的には、どこかで数年後には税金を払わなければいけませんが、当面は繰り越しが出来る訳ですね。


    もちろん、一括償却しなくてもメリットはあるので、本来19%~23.4%程度の法人税が掛かるケースでも、この税制を利用すれば7%or10%、税金から控除が受けれるので、お得ですよね。

    最終的には支払う税額はその方が少なく済むので、経営計画やタイミングによって選択すれば良いのです。

    その分収益や売り上げを伸ばしていけるわけですから、利用できるのであれば利用した方が、選択肢が増えていいと思います。

    勿論、個別の状況や考え方があるので、絶対と言う訳では無いですが、本来、来年払うべき税金を設備投資・・・しかも収益を産むものに置き換えれるのであれば、こんなにおいしいお話はありません。

    太陽光発電施設がここ数年で一気に広がった一つの要因として、この一括償却による部分があった事は間違いありません。

    生まれた利益をドンドン次の設備へと再投資していくわけなので、ドンドン増えていきますよね?(^▽^)

    今年はその税制から、太陽光については一部を除いて、該当から外れています。

    つまり、税金を払う前に次の設備投資先を探しているんですね。

    ここからが本題です。

    マイニングマシンがこの税制を利用できるという事になれば、当然みなさんマイニングマシンを購入しようと考えます。

    そこで、日進月歩のマイニングマシンの中でも、お勧めの物をご紹介しておきます。

    改めて、比較記事なども書ければと思いますが、まだ試作段階のものですが、非常に有能なマシンです。


    参考にして見て下さい。

    私自身も購入する素晴らしいマシンです^^

    詳細や大量購入されたい場合は、下記からメッセージをください。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です