仮想通貨を買う・ICOに参加するための準備

仮想通貨を購入したりICOに参加するためには最初に環境を整備しておく必要があります。

ビットコインやイーサリアムといったメジャーな仮想通貨を購入するだけであれば、日本国内の取引所に登録をするだけで良いのですが、マイナーな仮想通貨や、上場前のICOに参加する為には、ビットコインやイーサリアムを購入した上で、それを元に指定の場所へ送金する必要があり、それに対してトークンを受け取る為のウォレットが必要になります。

ここでは、ICOに参加するための最低限の準備に必要な事物を説明してみます。

最初はとにかくこれが面倒くさく、わかりにくい!

ICOに参加する流れと準備


  1. 取引所等で指定の仮想通貨を購入する(ビットコインやイーサリアム等)
  2. 購入した仮想通貨を指定先に送る
  3. トークンを受け取る
  4. 受け取る為のウォレットが必要になります
  5. 上場した取引所へ登録しトークンの売買
という流れが一般的です。

まずは取引所に登録しましょう。

購入するだけであれば日本国内の取引所をお勧めします。

何となく〇国の取引所よりは安心ですよね?

何となくではなく、ここ最近の金融庁のチェックで問題が無かった取引所にしましょう。

無難なのはビットフライヤーDMMでしょうか。

登録には約1週間くらいかかります。

ICOに参加するには、ICOの期日より1週間以上余裕をもって口座を開いておく必要があるという事ですね。

また、ビットフライヤーのクイック入金だと、入金から1週間はコインの移動が出来ないので、クイック入金をする場合は注意してくださいね。

私も実際に出金できなくて、ICOに間に合わなかったことがあります。

取引所に仮想通貨を置いておく事は推奨されていません。

また、トークンを受け取る際には、専用のウォレットだったり、対応しているウォレットが必要になります。

今現在私が利用しているウォレットは

ウォレット

  • MYETHERWALLET
  • イーサリアム用

  • blockchain
  • ビットコイン用

  • NEON Wallet
  • ネオ用

    といった感じです。以下の記事を参考に作成しました。

    特にマイイーサウォレットはトークンの受け取りに指定されることが多く、これらは不可欠です。

    注意点としては、パスワードやID、シークレットキーなどは全て紙ベースで保管しておく事が大切です。

    私は一番最初にIDがわからなくなって、冷や汗をかいた記憶があります。

    たまたま会社のPCでそのままのページを置いてあったので、事なきを得ましたが、本来であれば全てが消えてなくなっている所です。

    エクセルやメモ帳を利用して、必ず小まめに保存しておきましょう。

    海外の取引所の開設

    トークンを受け取り、後は上場を待つだけ・・・となる訳ですが、基本的には海外の取引所に上場される事の方が多いです。

    なので、いざという時に売却できなかったりするので、ある程度の所は登録だけでもしておくと良いでしょう。

    実際にbittrexなんかは新規の登録が日本からは出来なくなったりしていますので(※4月12日現在簡単に登録できるようになっていました)、規制が強くなる前に登録だけでもしておくべきだと思います。

    ICO案件で上場されたものは

    ここから登録
    HITBTC

    BINANCE

    等で取り扱いが開始されるので、事前に登録しておきましょう。

    この2か所は事前のKYC、本人確認書類の提出が必要ないので、取り合えずすぐに作っておくべきです。

    とにかく事前準備は重要です^^

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です