売り切れ必至のODINコイン。今年一番のプロジェクト2期目スタート

4月25日スタートの今年一番のICO情報が届きました。

非常に期待できる内容です。


その名もODIN




※上場時期は7月以降で、未定です。公式で問い合わせている残念な人をよく見かけますが、日本人のモラルの無さにビックリしてしまいます。

公式で上場時期について告知をしようものなら、取り締まり機関からやっつけられる国もあるんですから。

〇〇月上場!なんていう言葉で踊らされるのはもうやめましょう^^



安心の要素
クリプト関連のNewsサイトで流れている、複数の大手取引所がイーサ基盤ERC20のBatchOverflowバグ懸念でトークンの取引を停止する記事についてコメント:

ERC20のバグ懸念の問題ですが、ODINトークンには当該の”BatchOverflow”機能は含まれていません。
よって皆様のトークンに危険が及ぶことも一切ございませんのでご安心ください。


絶対買いのODINコインとは?


  • コイン名:ODINコイン

  • ICO日:2018年5月23日~6月28日

  • ハードキャップ:1800万USD

  • レート:1 ODIN = 0.2USD
  • 変更なしです!

  • 最低額:1 ODIN

  • ICO参加通貨:ETH

このODINコインは、全世界でICOを合法的にマーケティングするプラットフォームであり、その特徴としては、「ICOの利益を倍々に加速させる」というものです。


ホワイトペーパー・・・英語です

ODIN ICOは、他のICO(Initial Coin Offerings)やトークン販売のマーケットポータルと情報ポータルの両方であるODINプラットフォームの開発資金を調達することを目指しています。

このICOは、暗号侵害の「Ether」を使用して購入できるODINトークンの初期供給を一般に配布します。

トークン所有者は、ODIN市場でプレセールトークンを購入するためにODINトークンを費やすことができます。


何となくわかったようなわからないような・・・。

ODINコインのメリットとは?凄さの理由

ODINコインのメリット
  • 6月に上場が決定している(予定)
  • 発行枚数は2億枚と希少性が高い
  • 今回の募集は800万USDの募集しか枠が無い
  • NOWALLというアジア最大級のICOコンサル企業の案件
  • ODINはNOWALLのICO案件に参加時に必要となる
  • その銘柄はBittrex、Poloniex、BINANCEに上場される可能性が高い


ICOしたあと、いつまでたっても上場しない銘柄も多い中で、上場日が決定しているのは期待できますよね。

また、上場後の直近で5~10倍、年内に100倍以上が目指せるというが大きな特徴です。

なぜか?

希少価値が高いという事もありますし、それ以上にNOWALLの存在があります。

NOWALLはアジア最大級のICOコンサル企業ので、 大手取引所と連携して世界各国で取引所を開設してきています。



そのため、NOWALLがコンサルするICO案件は全て大手取引所の審査基準をクリアした将来性が高く優良なコインとなります。

NOWALL経由の案件は、Bittrex、Poloniex、BINANCEなど 取引高の高い取引所に上場することができます。

出来高の高い取引所に上場することが、 コイン価格を上げるにあたって非常に重要となります。

つまり単純に、Nowall経由でICOされたコインの値上がりが期待できるのです。

そしてその

Nowall経由のICOを購入するために必要なコインが「ODIN

なのです。

現在のICOでは、ほとんどがBTCやETHで購入されますが、「ODIN」を利用することで、初めてNowall経由のICOに参加できるようになるのです。

これってものすごい事ですよね?



※今日で締め切りです!


仮に「ODIN」がBINANCEに上場したとします。

BINANCEの主要20銘柄の上場後の平均上昇率は11.98倍です。

なので、仮に「ODIN」も10倍になったとします。


ODINの保有後にNowall経由でのICO案件、仮にA案件としましょう。

このA案件をICOで購入する際には「ODIN」が必要になります。

あなたは保有している「ODIN」でA案件のICOに参加します。

その後このA案件もBINANCEに上場し、10倍になったとします。


この時点で、

ODINが10倍×A案件が10倍=100倍

ということになります。

これが「ODIN」が激押しである事の一番の理由です。

ICOの利益を倍々に加速させる」と言われる要因とも言えますね。


もちろん机上の空論かもしれませんが、平均×平均というお話なので、現実的に十分可能性がある論理だと思います。

Nowall経由のICOがどれだけあるかにもよりますが、

上場まで確実に仕上げてくる優良銘柄であるNowall経由のICOを購入するための「ODIN」。

言うならば、ETHを上場前に購入しておける事と同様の現象が起こり得る、夢のあるプロジェクトなのです。

ODINコインICOに参加する



ODIN」のICOに参加するにはETHが必要です。

つまりマイイーサウォレットもしくはメタマスクが必要になります。

ETHを購入して、マイイーサウォレットもしくはメタマスクに送金して準備しておきましょう。

販売開始は25日19時です!


※5/23~6/8の予定です!

【重要】ODINについて
先に購入ができますが、その後に必ずKYC(身分証明)が必要となります

必ずパスポートを作っていただく必要があります。パスポート以外は不可となります。


ODIN申し込み後について

公式LINE




公式からのアナウンスです^^

ODINトークンご購入をされた皆さまへ

この度は、ODINトークンのご購入ありがとうございます。
以下の通り、カスタムトークンの情報をご案内いたします。
ご自身のウォレットへの設定をよろしくお願い申し上げます。

トークン契約アドレス: 0xf9cf56cda5ba1a3b8143d02b72a873203b7f309a
トークンシンボル: ODIN
ケタ数: 0


トークンの設定につきましては以下のマニュアルもご参考になさってください。

*マイイーサウォレット へのODINカスタムトークンの設定方法

*メタマスクへのODINカスタムトークンの設定方法
https://goo.gl/U1xNnQ


おすすめ簡単投資!これでダメならあきらめろ!?

4 件のコメント

  • タイミング悪くマイイーサハッキング問題が浮上して売れ行き静かだね。
    もちろん早速買いました。ICOプラットフォームコインとして大いに期待してます。2万円に到達すると予測します。

  • ODINにはとても期待しています。運営メンバーをあまり前に出していませんが、精鋭メンバーを知れば誰でも即買いを入れる筈です。

    • そうですね。期待値は高いですね。
      残念ながら、上場はいつだ!6月じゃないのか?変わったら通知しろ!

      といった残念な日本人が多いので、ODINについては日本人向けにICOをしたのは失敗だったと思います。

      まだまだ上場=利益=終了地点と考えている人が多く、上場を告知することがリスクがあることだという認識が少ないですね。

      まあ、いずれにせよプロジェクトは進み、ODIN経由での銘柄が出てくるまでに、最低1年はかかるでしょうから、それまで待てない方は購入されなくていいと思います。

      これもおかしなプロモーションが当たり前になっている影響かもしれませんね。

      ODINの趣旨は、そういったものを排除し、価値ある案件を産み出していくことにあるんですから。

  • 進捗状況がわからず心配ですが、今の時点での上場は逆に避けていただきたいです。
    その間、海外でのプロモーションに力を注いでいただきたいのですね。
    ICO規制に早まり、HITBTCなどに上場したコインは現状悲惨な状況です。
    ILPなども出てきてどうなるかはわかりませんが、もう少し地合いが安定してから上場してほしいです。
    果報は寝て待てですね!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です