NAMの購入方法とICOの中身は如何に!?上場決定済み?

ICOの銘柄について調べていると、”上場決定”、”上場予定”といった言葉が当たり前に出てきます。

その情報の真偽はともかく、信頼性のある物だと仮定すると、買っておきたいと考えるのは当たり前ですね。

まして、上場先や時期について触れられている場合には、余程の情報があるからだと考えてしまいます。

そして100%では無いにしても、時期をずらしながらも、上場まで漕ぎつけているケースが多く見られます。

それに加えて、バックボーンや内容が良い物であれば、ICOの段階で投資しておく事は当然とも言えます。

ギリギリの段階ですが、そんな期待が持てるプロジェクトNAMコインなのです。

NAMコインとは?

NAMコインは株式会社NAMが今後行っていく医療業界向けAIサービスの研究費や同社が開業していくAIクリニック事業、人工知能による問診BOTの開発を行うためのデジタル権利証です。




NAMが目指しているもの

主なプロジェクト内容
  1. 人工知能を利用した問診ボット、ドクターQの開発
  2. 機械学習を利用した疾患予測モデル
  3. 人工知能が推薦する健康食品
  4. 深層学習とブロックチェーンを使った次世代カルテシステム
  5. 上記を含んだサービスを提供できる「NAM AIクリニック」の開業
これらの事業について、調達できた金額に応じてそれぞれの事業を展開していく予定とのことです。
NAMのホワイトペーパー
NAMのプロジェクト内容については、熱く語ってくれているサイトがありましたのでご紹介しておきます。

因みに私はこちらの内容を読んで、納得してしまい、夢のあるプロジェクトなので細かく考えずNAMを購入しました。

NAMのプラス材料

事業内容に夢がある事(ぜひ成功して欲しい)、実現性がある事に加え、
  • 既にLINE上でDr.Qが活動している・・・発展前の形がみれる
  • アジアの取引所であるANXへの上場情報
  • メディアへの正規の露出が多く見られる。・・・アフィリエイター等の煽りの露出ではない。
  • 日本人リーダーのICOで安心できる。・・・日本人の自己満足ですが^^

  • といった内容で、前向きな情報が目立ちます。

    後ろ向きな部分で言うと、本当に実現できるのか?という部分だけですね。

    現実と将来ビジョンがとても分かりやすい案件で、リスクも低い案件と言えるでしょう。

    NAMコインの購入方法


    ※セールは終了しています。

    NAMコインの購入方法
    1. NAMにユーザー登録を行う
    2. 本人確認(KYC)を行う
    3. 「イーサの送金額」と「マイイーサウォレットのアドレス」を記入
    4. 「購入」ボタンを押す
    NAMコインのプレセールページ
    ユーザー登録が完了したら、この様なダッシュボードにログインして本人確認を行い、必要事項を入力します。




    マイイーサウォレットを利用しますので、利用したことがある方は簡単にできると思います。

    マイイーサウォレットを使用したことが無い方も、ダッシュボード内の手順通り進めば簡単です。

    指定アドレスにイーサリアムを送信すると数分で、マイイーサウォレット上にNAMトークンの表示がされます。

    自動的に行われたので感心してしまいました^^

    もし自動的に反映されないならば、ダッシュボード内に書かれてある契約アドレスとシンボル:NAM、桁数:18 を記入すれば反映されると思います。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です