MINEのホワイトペーパーが出てきましたね。

完全に引っかかったと思っているMINEですが、ホワイトペーパーがでてきました。

MINEのホワイトペーパー


ホワイトペーパー

ロードマップの概略として2018年内の予定として

  1. mineウォレットのリリース

  2. 私のカードの配布を開始する

  3. マイニング工場の流通を開始する

  4. イーサリアムの配布を開始する

といったアクションがなされるようです。

3月19日のプライベートセールでは1MINE=0.001$だったので、

1MINE=0.01$のトークンセールと記載されているので、どこかのタイミングで行われるのかもしれませんね。


MINEのプロジェクト企業

エスプールテクノロジーラボ株式会社

オフィス:18Fユニット1804エントラタビル
Filinvest City Alabang1781

フィリピンの会社であるようですが、謎です・・・



お愛想なのか、他のICOとの比較も出していました。

TenX
Monaco
Bankera
Mine
カード発行
×
×


年会費
$10
free
$12
$30~$300
上場通貨
BTC,ETH,DASH,

and Others
BTC,ETH
BTC,ETH,DASH,

XEM and Others
BTC,ETH,XRP,

XME,ADA and Others
取引手数料
0%
0%
1.99%
5%
戻り率
None
0~2%
None
2~5%
銀行ライセンス
×
×


時価総額
95($110million)
133($76million)




知りたい事はそんな事では無く・・・

ゆっくりとですが、なんとなく動いてまっせ!という感じなのでしょうか。


MINEの今のところ

人に言われ、何も知らないまま参加してしまったプロジェクトでしたが、今の段階ではあきらめもついています。

なぜなんだかそこそこの金額を行ってしまった愚行を、現在では勉強代だと思っています。

実現すればいい話かもしれませんが、全く実現する気がしません。

まあ、今更ホワイトペーパーでお茶を濁している段階なので、仕方ない・・・どうでもいいプロジェクトですね。

奴らの肥やしになってしまった事は悔しいですが、忘れたころに上場でもしてくれたら・・・・NOAHの様に・・・

それも無いな・・・。

MINEの様なほとんど何もわかっていない明かされていないICOに参加すること自体がクレイジーですし。

何の根拠があってあんなアホみたいなプロモーションしていたんだろ?

冷静に見ると珍竹林の若者に期待できる部分なんて欠片も無い・・・

と、益々思ってしまうのは私だけではないはず!


そう言えば20歳の時に財布に80万円入っていたのですが、映画館の中で落としてしまった事がありました。

2時間後に気づいて慌てて戻ったのですが、親切な方が受付に届けてくれていたので、無事戻ってきました。

あの時の様な親切な出来事が起こらないかしら?

皆さん、お金を落としたと思いましょう^^

ひょっとすると戻ってくるかも!?


MINEの4/20

おっと、朝日新聞の広告欄にMINEの本の紹介がのっている・・・

また、でっかい風呂敷を広げた広告だなあ・・・。

お金を払えば載せられるので、実際にこの本がどれだけ売れるかは???であるが、意表を突いたアナログなプロモーションには意表を突かれた。

普段、紙ベースの広告の意味や価値が下がっている事を広告屋さんに常に言っている立場なので、その効果には懐疑的なのだが、それらしくやっている事には感心してしまった。

先週よりは詐欺感が薄れて、期待感がUPしたのも事実ですね。

これで単なる本のアフィリエイトだったら笑ってしまうが・・・^^

MINEは立派なプロジェクトなのか?

もう少し様子見が必要ですね^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です