kyvalion(キバリオン)を貰っておこう!10,000円分ですって!?

kyvalion(キバリオン)て何だ?


kyvalion(キバリオン)は

ビットコインとイーサリアムの良い部分を取り入れた「Rootstock」という最先端のテクノロジーが搭載されているプラットフォーム及び仮想通貨(トークン)

  • ホワイトペーパー
  • ホワイトペーパー

    この内容を信用するとすると、何となくADAのカジノじゃないバージョン・・・という感じでしょうか。

    優れた技術を生み出す様に感じます。

    また、これからプロモーションにも力が入ってくるでしょう。

    あくまで予想ですが、代表取締役社長兼CEOである「沼倉 裕」氏は情報商材屋さんであったそうなので、プロモーションは頭に描けているはずです。

    情報商材屋さんを悪く言う人が多いですが、広告宣伝が上手いというのは間違いありません。

    そして私が見た限りでは、彼自身が詐欺商材云々という訳では無いようですし、将来的価値もさることながら、上場までは上手く立ち回ると思います。

    既に、ノーベル平和賞受賞者ムハマド・ユヌス博士を招聘している=広告塔の役割を果たしている情況があるので(平和賞と仮想通貨の意味が解りませんが^^)、化ける可能性は十分ある気がします。(仮想通貨はこの期待が大事!

    kyvalion(キバリオン)のロードマップ

    kyvalion(キバリオン)の予定
    • 2018年3月  ミクウガオリジナルウォレットの公開
    • 2018年4月  某大手上場企業とのアライアンスブロックチェーンを用いたシステム企画の開発
    • 2018年5月  ブロックチェーンとスマートコントラクトのプログラミングスクールの開講
    • 2018年6月  キバリオンのプラットホーム上の暗号通貨キバリオントークンコイン(KTC)が、ある取引所で取り扱いが可能となります。
    • 2018年8月  女性の自立支援団体と業務提携を行い、アライアンスブロックチェーンを活用したトークンエコノミーウェアのシステムを提供予定です。
    • 2018年9月  某地方自治体へブロックチェーンとAI技術提供
    •          それと同時に、6月の取引所とはまた別の取引所にもキバリオントークンコイン(KTC)の取り扱いが可能となります。
    • 2018年11月  外資系大手コンサルティング会社との人事・ 部署評価システム実習実験を開始する予定です。
    •          更に上場予定

    ロードマップを見る限りでは、年内に3か所上場予定のようです。

    上場利確売り逃げには持って来いの案件とも言えます。


    kyvalion(キバリオン)を10,000円分貰えるので貰っておこう!

    キバリオンに登録すると、1000KTC(1万円相当)が貰えるようです。

    kyvalionトークン 1,000KTC 受取フォーム

    ウォレット開設には住所、氏名、電話番号、メールアドレス、生年月日、更に身分証のアップロードが必要になります。

    情報商材屋さんへ個人情報を渡すのが嫌な方はここでスルーですね。

    しかし記入するだけですぐに・・・



    貰えてしまいました^^

    ちなみに私は+〇〇〇万円くらい購入します。

    なぜかって?

    日本発のプロジェクトだからです。

    日本初のプロジェクトのICOは、これまでそれなりに上昇してきています。

    上場の日程がある程度明確なので、詐欺でない限り、もしくは余程欲張らない限りは損をしないと踏んでいるのるからです。

    また、現段階まではあからさまなアフィリエイトが行われていないので、この点も個人的にはプラス材料です。

    先んじるべし!?

    kyvalion(キバリオン)のウォレットと説明会


    kyvalion(キバリオン)のウォレット

    アンドロイド版のウォレットは既に完成していますね^^

    トークンの配布はまだですが、ダウンロードしました。

    また、なぜなのかSMSで、4/20名古屋駅企画でkyvalion(キバリオン)の説明会を開催するそうです。

    本来なら、こういった説明会やイベントには参加した方が良いのですが、本業の予定もあるので残念ながら・・・。

    もし興味がある方は、無料登録して10,000円分KTCをもらう登録をすれば、案内がやってくると思います^^

    ※4月21日 近隣での説明会の開催を予定しているので、参加して欲しいという連絡がありました。

    もちろん参加してくるので、詳細がわかれば改めて報告させて頂きます。

    7 件のコメント

  • キバリオンよくわからないけど
    bitcoinとイーサリアムの
    いいとこ取りと聞いて
    只なので応募しました
    早く上場して欲しいね

    • 営業がなぜだか電話であるのがウザいけど、ICOでは新鮮で正解なのかも・・・
      見えない、知らない間に、全く知らない奴に中抜きされるよりは、電話でツッコムチャンスがあるだけマシ!?
      一方的な洗脳と抵抗する機会がある・・・どちらが幸せなのかは微妙ですが、成功した場合は、中抜きされるよりは後者の方が利益は上がります。

    • 何を以って詐欺なのか教えてください^^
      内容によっては調査しますので。
      宜しくお願いします。

  • 6月に99%上場するってドヤってたが上場してないね。問い合わせしたがスルー。
    問い合わせには原則翌日に返信って書いてあるんだがもう1週間、、、笑
    都合の悪い事は返信しないってことだな。
    ま、1円も買ってないので構わないけど。
    いずれにせよ99%を外す会社は信用ならん。

    • 上場については、時期がズレるのは仕方ない部分があるのかな。
      今までと違って、それを出すことがNGになってきてるから。金融庁も指導やチェックはしてるみたいですよ?
      ODINなんかも一切そこには触れなくなっていますし、ある程度全うなプロジェクトは、上場については触れなくなっていると捉えています。
      昨今の日本人締め出しもあるので、交渉してたり決まってたとしてもダメになった可能性もありますし・・・。

      キバリオンについては、実際の所は分かりませんが、対応についてはダメダメかもですね(>_<)

      ただ、一般的なICOで上場を強調しているのは、既に時代遅れというか、危険な部類になってしまいましたね。
      半年前とは状況が逆になってます。

      私はどちらかというと”上場はいつだ”という、ユーザー側に問題があると考えていますが・・・。

      アメリカではインサイダーは立派な犯罪です。それを教える側も、教えるように促した側もです。
      日本人ユーザーのモラルが上がる事と、販売側のモラルがもっと上がる事、通知事項は徹底する事は大切な事ですね。

      これから先、ローンチやユーチューバーなどは取り締まるという話も聞いてますし、ホワイトペーパーの中身の大部分が実行されていないと認めないという方針であったりと、ダメな案件はこれから淘汰されますので、悲観はしなくていいと思います。

      いずれにしても、何かわかれば報告しますね。

  • 最近エアドロップ分が登録者に配布されましたね!
    いよいよ動き出したようですしこれからの展開に期待しましょ♪

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です