ICOの本質・詐欺を見分ける方法を暴露!全ての元凶は・・・

ICOの80%以上が詐欺であると言われています。 欲に目が曇り、騙される側にも問題がありますが、現在日本で行われているICOの多くが詐欺っぽいだけで、結論が出ていないものもしくは詐欺でないものが多いと感じます。 今回はなるべくわかりやすく、ICOの本質的な見分け方をお伝えしましょう。 これって基本なんですが、多くの人が勘違いしているのが現状です。 ICOの本質の見分け方 まず最初にやる事があります。 それは 情報をもたらしてくれた人や相手がどんな立場なのか? を把握する事です。 売主(転売者) 販売代理(プロモーション) 仲介者(広告宣伝者) この3者に本質的に分類できます。 そして、多くのケースで情報を提供している相手が仲介者(広告宣伝者)である場合が多く、その為に”詐欺だ!”とか言われてしまうケースが多いのです。 賢い人はもうお分かりだと思いますが、仲介者(広告宣伝者)は煽り倒すのが仕事です。 それ故に”詐欺だ!”と言われるのですが、トークンが届くのであればそれは詐欺にはなりません。 そもそも詐欺の定義を勘違いというか、間違えている場合も多いのですが・・・ それについても、上記の3つの立場を理解すれば見えてくるはずです。 なので、以下の基本図を基にそれぞれ見ていきましょう。 仲介者(広告宣伝者・・・ユーチューバー等)からの情報 先にも言いましたが、この人達は煽り倒すのが仕事です。 イイところのみを大きく喧伝し、すごくいい物であると触れて回ります。 それによって広告報酬やピンハネ利益が発生する仕組みになっています。 数多く売る事=紹介料が多くなる である為、○○○倍!、確定!、SSS級!、と言った言葉が飛び交います。 彼らにはそこまでのモラルはありませんし、取り締まる法律もほとんどないのが実情です。 そして、この段階では1期、2期、3期と期間を踏んで、その間に価格が上がっていくパターンが存在します。 中には○円以上で売ってくれれば、その上はあなたの利益でイイよ?なんていう案件も存在します。 要は、その人達には何の根拠もバックボーンも存在せず、販売代理店からのツールと言葉を利用し、宣伝を行っている人達だと言う事を認識してください。 Wコインなんかは、ここが転売者になっているケースも見受けられます。 だから”詐欺だ!”とか言われてしまうケースが多いのです。実際は”ボッタクリ”なだけなんですが… 販売代理(プロモーション)からの情報 記憶にも記録にも残るキャンペーンを。...
2018年5月15日0 DownloadsDownload