H&B トークンとは?絶対!?ICO割れしない勝組確定トークン発見!

2019年、あなたが勝ち組になれる極上の情報がここに存在します。

負け続けた2018年、一気に取り戻す可能性も含め、負けないICO,勝ち組のICOの情報を紹介します!

損失とはこの情報をスルーしてしまう事です。

この情報で、上昇するだけの価格に夢を感じて下さい。

さあ、いざ勝ち組へ!

11/24 H&Bトークン購入者様限定プレゼントキャンペーン開始! 

詳しくは一番下段よりご確認ください。

11/20 BTC下落
現在、ついにBTCが570,000円を割っています。ETHも激落ちくんですね。

可能であれば落ち切った所付近でBTCを購入して保有、またはアルトコインを仕込んでおくと、BTCが値上がりを始めたときに価値が跳ね上がる可能性がありますね^^

ETHもそうですね。ETHを購入してICOなどに投資をしておくと良いでしょう。

いずれにしても、余力で今回ご紹介するH&Bトークンは購入しておくと、かなり面白いと思いますよ!

H&B Exchangeという海外の仮想通貨取引所が2019年3月にオープン予定です。

そしてそのH&B Exchangeの取引所トークンがH&Bトークンとなります。

取引所トークンで有名なのがバイナンスのBNB、FCoinのFT、CoinParkのCPなど日本国内でもおなじみの物がありますね。

FTやCPの様に、マイニング機能を備えた取引所トークンは、上場時に値上がりし、その後下降線をたどるという、システム上ある程度仕方が無い宿命を背負っています。

さて、今回ご紹介するH&Bトークンは如何なるものでしょうか?

実はかなりのチャンスがやってきているのではないかと、私個人は勝手に感じております。

※取引マイニングについてはWPに記載されていませんので、配当型コインであることのみわかっています。


H&B Exchangeとは?

2019年3月に開設予定の香港を拠点とする仮想通貨取引所で、アジア圏を中心とした展開と拡大を目指しています。

取引手数料は、0.05%と一般的な取引所と比べてかなり安いです。

ちなみにBinanceの取引手数料は0.1%で、独自トークンのBNBを使うことで、0.05%まで割引されます。

H&B Exchangeの取引手数料は、Binanceの割引された後の手数料と同じなので、手数料の面では問題なく素敵ですね。


H&B Exchangeの良い所
  • 上場予定のコインのエアドロップがもらえる

  • 毎月50の新しい暗号を追加する

  • ギャンブルコンテンツが提供される・・・収益からの配当の予定

  • エアドロップがもらえる取引所はいくつかあるのですが、僕が知っている限りでは取引所トークンを所持している人のみにしか、エアドロップは配布されません。

    H&B Exchangeの場合は、ウォレットに登録をしておくだけで、上場予定の仮想通貨がエアドロップとして配布されるとの事。

    2019年3月のオープンまでに、100の仮想通貨のエアドロップ配布を目標としているとされているので、量がどれほどかは分かりませんが、貰えるものは貰っておけ!ですね。

    オープン時には、取扱い通貨17種の取り扱いが決定しています。

    それに加えて、毎月50の新しい仮想通貨を上場させていく予定ということで、オープン後もたくさんのエアドロップが期待できそうですね。

    ギャンブルコンテンツが提供される・・・

    NeoSeed Corporationとの業務提携によって、取引所内でギャンブルコンテンツの提供が可能になるようです。

    ブックメーカー的なサービスが提供されるようです。

    もちろん掛け金や賞金には、仮想通貨が使われるはずなので、実現すれば凄く盛り上がる取り組みですね。

    エアドロップで貰った仮想通貨を使って、キャンブルコンテンツが利用できたりすると、まさに一攫千金かもしれません!

    使用可能な法定通貨はPHP、HKD、TWD、KRW(フィリピン、香港、韓国)で、現金通貨で預け入れや引き出しが可能になるとの事です。

    ホワイトペーパー

    Website Information
    • H&B Exchange


    • NeoSeed Corporation Gambling Content Video






    ICO割れしないH&Bトークンを入手しておく

    簡単に取引所について説明しましたが、本題はココからです。

    H&Bトークンという取引所トークンを発行し、利用者に以下のようなメリットを提供していく予定なので、上場前に入手しておくと面白いと思います。

  • NAME:H&B TOKEN

  • ティッカー:HBT

  • ブロックチェーン:ETHEREUM(ERC20スタンダード)

  • 桁数:16

  • 証明タイプ:PoW

  • 総供給:未定

    ※トークンの総供給量は、(トークン総数×20%)となった。
    上記の20%はH&B Exchange管理運営費の使用。
  • ・・・ICOが終わらないとわからないと言う事ですね・・・。翻訳なので少し意味が分かりにくいですが、発行総数の20%が運営の管理費用として使われるようです。

  • 3/28グランドオープン…予定


  • H&Bトークンの保有メリット
    1. 取引手数料の割引

    2. H&Bトークンを使うことで、0.05%の取引手数料が0.02%で取引ができるようになります。

    3. 取引手数料利益による配当

    4. 毎週金曜日に、取引手数料の利益の85%をH&Bトークン保有量に応じて、配当として分配されます。

    5. ギャンブルコンテンツ利益による配当

    6. 毎週金曜日に、ギャンブルコンテンツの利益の50%をH&Bトークン保有量に応じて、配当として分配されます。

    7. 1satの最低価格なので、それ以下になる事は無い!

    8. これが一番大きい所ですね。自社の取引所トークンなので、上場しないと言う事はまず考えにくいので、後は利益を得るのみ!

    9. トークン保有者には毎月Airdropとして自動的にwallet内にAirdrop通貨が配布

    10. 第3フェーズ時に売れた額の10%を配当として受け取れる

    イメージ的にはFtやCpを上場前に仕込んでおくという感じでしょうか?

    2番煎じ3番煎じの感は否めませんが、それでもそれなりに上場時には価格が跳ね上がっていくだろうと予想できますね^^

    取引所の成長と共にBNBのように伸びていく可能性もあります。

    バイナンスの10分の1の感じでも、それなりに利益が出そうである気がするのは私だけでしょか?

    もちろん、逃げ時は大切ですが・・・。


    H&BトークンのICOに参加する


    H&BトークンのICO時の単価は、ビットコインの最小単位である1satです。

    つまりH&Bトークンが上場時にICO割れする可能性は、ゼロだということです。

    ※取引所が開設されない、延期になる,取引所が過疎って売れにくくなる、等というリスクはありますが、余程壮大な詐欺でもない限りは、それもまず無いでしょう^^

    H&Bのリスクについて
    上るだけ~

    ICOの日程
    1. Phase1  2018年9月10日~2018年9月12日 ボーナス25%

    2. Phase2  2018年11月1日~2018年12月17日 ボーナス20%

    3. Phase3  2019年1月7日~2019年7月7日   ボーナス10%

    期待が持てる案件だと感じさせてくれますね。

    購入は下記のリンクからまず登録を行います。

    画面右上のregistration for ICO の部分からの画面です。



    名前、メールアドレス、任意のパスワードを記入するだけです。


    送信すると確認メールがやってくるので、リンクをクリックしてログインしてください。



    あとは予算に合わせてBTCを入力し購入するだけです。

    前回のICOでは、一瞬・・・1日かからずで販売終了したそうなので、興味がある方はお早めにどうぞ^^

    今回は取り急ぎなので、バックボーンなどは細かく把握出来ていませんが、上場しないというリスクも踏まえて、最低価格なのでチャンスと捉えました。

    おこづかいで1万円くらい買っておく方が、宝くじを買うよりは遥かに可能性があるので面白いと思いますよ^^



    H&Bトークンまとめ

    H&Bトークンまとめ
    1. 価格1HBT=1satshi・・・これ以上下がる事は無い

    2. 最低購入価格:0.0002BTC~

    3. 購入可能通貨:BTCのみ

    4. 毎週配当が出る(取引量の85%を保有数に応じて配布)

    5. 取引所内のギャンブルコンテンツで出た利益の50%を毎週配布(保有数に応じて配布)

    6. 取引手数料が通常0.05%の所、0.02%に下がる

    7. トークン保有者には毎月Airdropとして自動的にwallet内にAirdrop

    8. 取引所次第で価格が上昇する可能性

    9. 取引所認可はおりているとの事だが、取引所が開かれないリスク

    10. 取引所が過疎って、1satでも売れないリスク

    おかしなICOに投資するよりは、遥かに可能性を感じませんか?^^


    過疎ったらごめんなさい(>_<)
    まだ宣伝をほとんどしていない状況ですので、先が見えにくい部分がリスクと言えばリスクです。
    でも、最低価格からのスタートなので、リスクは最小限だと言えると思います。

    どこまで伸びていくかは、取引所次第。ユーザーの使い勝手やニーズにきちんと応えていけば、それなりに伸びていくはずです。
    とりあえず、2satになってくれれば、十分利益が出るので、そこからですね^^

    2satになる為の計算
    仮に発行枚数が40,000,000,000枚(400億)だったとしましょう。
    この内20%は運営との事なので、流通枚数は360億枚ですね。

    360億枚の1sat分上がればいいので、360億×1sat=360BTC 

    360BTC分の資金が流れ込めばイイ計算になりますね^^

    11月17日現在の相場で、1BTC≒62万円とすると、223,200,000円必要となります。

    単純計算ですが、2~3億円の資金であれば取引所の売上高ランキング100位を超えた所でも、1日の売りあげ高がありますので、HBTに流入する可能性は十分にあるでしょう。

    似たトークンでいうと、CoinEx取引所トークンのCET(取引マイニング系)がありますが、1日の取引量が約5,000万円くらいです。(11/17現在)

    発行枚数 9,962,146,451 CET(約100億CET) に対して、0.00000147 BTC (¥0.916915 JPY)

    価格が上場時よりも18分の1くらいになっていても・・・です。

    事例で行けば発行枚数が約4倍なので、価格は4分の1くらいを想定できますね。(流通量はわからなかったので、無視してます。CoinEx取引所と同等の人気があったとしてですが)

    と言う事は、0.000000367BTC ・・・

    取引所も違えば、配当形態も多分違うので、一概に比較するのはナンセンスかもしれませんが、ICOで集められる金額が少なくて(発行枚数が少なく済むため)、上場開始に合わせて盛り上がってくれるパターンであればかなり勝負できるのではないでしょうか?

    最終的な発行枚数や流通量がわからなければ、何とも言い難いですが・・・おこづかい程度であれば面白いはずです☆彡

    H&Bトークン購入プレゼント開始!

    11/24 MINEプレゼントキャンペーン開始!
    こちらからH&Bトークンを0.1BTC以上購入して頂いた方には、先着50名様に限り、500MINE(1MINE=0.1$がICO価格)・・・約5,500円相当をプレゼントさせて頂きます!

    購入後以下のフォームにてご連絡頂き、購入画面のスクショで確認でき次第送付させて頂きます。

    H&Bトークンを0.1BTC以上購入したので、500MINEをもらう

    ※折り返しメールが届きますので、購入画面のスクリーンショットを張り付けて返信ください。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です