不労所得の最終兵器アーガイル。これでダメならお金に縁が無い!

これに参加してダメなら、何をやってもダメ。

お金には縁が無い、お金には関わってはいけないダメな人種確定になってしまいます。


そんな、誰がやっても同じ結果が残る、素晴らしいシステムを皆様にお届けする事にしました。

ただこれは期間限定でさせて頂きます。

何でもイイから儲かる話なら早くよこせ!

まあまあ、落ち着いてください。順番にお伝えさせて頂きますので☆彡

ARGYLL(アーガイル)って何だ?


ARGYLL(アーガイル)は簡単に言うと、ブックメーカーのアービトラージを簡単に行ってしまうシステムです。

アービトラージについてはググって頂くといっぱい出てくると思いますが、理論的には利益が確定する仕組みです。

が、実際はブックメーカーであれば、2つ以上の取引所のオッズを監視しておく必要があるし、かなりの手間をかけても配当は微々たるものです。

裁定取引(アービトラージ)とは、同一の価値を持つ商品の一時的な価格差(歪み)が生じた際に、割高なほうを売り、割安なほうを買い、その後、両者の価格差が縮小した時点でそれぞれの反対売買を行うことで利益を獲得しようとする取引のこと。機関投資家などが、リスクを低くしながら利ざやを稼ぐ際に利用する手法です。株価指数等の現物価格と先物価格を利用した取引などが代表的です。理論価格よりも高くなっている割高な先物を売却するのと同時に現物を購入することを「裁定買い」といい、理論価格よりも低くなっている割安な先物を購入するのと同時に現物を売却することを「裁定売り」といいます。また、例えば、先物を売って現物を買うという裁定取引のポジションを組み、その後、利益を確定するために先物を買い戻して現物を売るといった反対売買を行うことを「裁定解消」と呼び、その際に行われる現物の売りのことを「裁定解消売り」ともいいます。なお、裁定取引は、株式市場の現物と先物だけでなく、為替、金利、商品(コモディティ)など、さまざまな市場で行われています。



そう、こちらの記事にもあるように、理論的には勝てる、利益が出る仕組みです。

が、それなりのリスクというか、失敗する可能性もあるんですね。

この辺の仕組みについては、改めて書きたいと思いますが、要はそのリスクを最大限に取り払ったシステムがARGYLL(アーガイル)なのです。

そんな上手い話がある訳ないでしょ!?

と思われるのが当たり前ですね^^

でもアービトラージには興味がある・・・

わかりますよ!

だって、理論的には絶対に利益が上がるはずなんですから。

という事で、ARGYLL(アーガイル)の勝てる仕組みについてはこちら

アーガイルHP

ARGYLL(アーガイル)を体験してみる

理論や理屈は一旦置いておきます。

先にARGYLL(アーガイル)の現場中継をさせて頂きましょう。

私(ユーザー)が行う行為は至って簡単!

3日~5日に一度、該当する試合の中から、興味のある試合を選択し選ぶだけです。

これらの試合の中から、参加する!だけでいいのです。

※クリックで画像が拡大します。


ROIという欄がありますが、これが利益率ですね。

試合によって利益が変わります。

利益率の高い人気のある試合から、当然参加者が埋まっていきます。

選択が終われば、あとは放置しておくだけ。

試合が終われば配当がもらえます。




そしてまた次の試合を選び参加する。

たったこれだけの事を繰り返すだけでいいのです。

この画像では、

8/25に 2290$参加した試合で1.99%45.57$の利益

8/29に 2290$参加した試合で1.95%44.66$の利益

およそですが254,000円程を投資し、5,060円くらいの利益が2回。

254,000円で、10,015円の利益です^^

このままこれを1か月繰り返すと・・・月7回はその場面が現れるので、約35,000円は利益として入ってくる計算ですね。

最初の投資金額が今回の例の場合254,000円なので、7.25か月≒220日くらいで元本回収となります。

これは年利に直すと?

な、なんと!!165%

ね?これでダメなら何をやってもダメなレベルでしょ?☆彡



そう、登録と手続きさえしておけば、あとはほぼ不労所得!

clickさえすれば、これだけの利益が転がり込んで来たんです!

ARGYLL(アーガイル)のリスク

ここまではいい事ばかりです。これが本当ならば、みんな参加するべきですよね?

しかし人間というのは奇妙な生き物で、本当においしい話には懐疑的になり、実際は詐欺的な話には飛びついてしまう・・・

なぜだかそんな性質がありますね(笑)

ARGYLL(アーガイル)のリスクについて、私が真っ先に浮かんだのは2か所以上のブックメーカーを掛け持ちする際のリスクと、これを行っている企業のリスクです。

前者のブックメーカーの掛け持ちについてのリスクは、アーガイルという1か所で完結するので、リスクはありません。

後は、後者の企業リスクですね。

ARGYLL(アーガイル)の企業説明
ARGYLL(アーガイル)HP

登録された住所

MDEビル
パーセル・エステートPOB 4671
2階トルトラ、VG1110
英領ヴァージン諸島
+1(315)504-2201
contact@argyll-tech.com

同社は約460万ドルの資金で始まった。同社は英領ヴァージン島に存在しています。


メディア


あれ、会社もしっかりしている!?

だから言ったでしょ!?これでダメなら何をやってもダメなレベルなの☆彡



ARGYLL(アーガイル)についての疑問・リスクはこちらも必ずご覧ください。


ARGYLL(アーガイル)を始める


通常パッケージ
1000USD
通常パッケージ
5000USD
プレミアムパッケージ
10000USD
プレミアムパッケージ
5000USD

アーガイルを始めるとき、この4つのコースからの選択しスタートとなります。

※この4つのコースの金額は、元本という概念ではなく、『ADASA』を活用できる『システム使用権』の購入という解釈になります。
会員はその権利を使ってゲームに参加し利益を得る事ができます。


1か月の収益
  • 1000ドルパッケージ

  • 1000×1.9%=19ドル 20%がプラットフォーム費用で引かれるから、

    19×80%=15.2

    これを8回だから 15.2×8=121.6ドル

    出金する時は1ドル90円計算だから、大体1カ月11000円の儲けになります。

    ちなみに元本回収にかかる期間は111000÷11000=10.09 まあ、長めに見て10ヶ月ちょいってとこです。

    もっと効率よくキャンペーンに参加して、元本をもっと早く回収する方法もあるので、ガチでやりたいです!って人は個別でレクチャーです^^

  • 5000ドルパッケージ

  • 5000×1.9%=95

    95×80%=76 76×8=608(1ヶ月54720円)

    555000÷54720=元本回収 約10.14ヶ月

  • 10000ドルパッケージ

  • 10000×1.9%=190

    190×80%=152 152×8=1216(1ヶ月109440円)

    1110000÷109440=元本回収 約10.14ヶ月

  • 50000ドルパッケージ

50000×1.9%=950

950×80%=760 760×8=6080(1ヶ月547200円)

5550000÷547200=元本回収 約10.14ヶ月

投資額を回収した後は、その枠に応じた配当がもらえるので、流石に50000$にもなると、仕事をしなくても良くなるレベルですね。



出てきた収益を複利で回すことも可能です。

詳細はシュミレーションをご覧ください。


ARGYLL(アーガイル)を始める際の注意事項

  1. 基本的サポートについて

  2. Argyll社は日本人の参加を受け入れてはいますが、日本に支店を置いての営業活動はしておりません。サポートは公式サイトのお問合せのみ(英語)です。

  3. 説明を正しく聞きましたか?

  4. 下記の説明は重大なコンプアライアンス違反になります。
    * 不実の告知
    * 事実の不告知
    * 誇大広告

  5. このビジネスは投資性はありますが金融投資商材ではありません。

  6. 入会時のパッケージ代金は元本という概念ではなく、『ADASA』を活用できる『システム使用権』の購入という解釈になります。会員はその権利を使ってゲームに参加し利益を得る事ができます。

  7. プレーヤーはパッケージランクによって受け取れる利益の上限までプレーを楽しめる仕組みです。

  8. パッケージ代金は元本として返金される事はありませんのでご理解・ご注意下さい。

  9. アービトラージは絶対負けないのでは?

  10. ADASAのオッズ確定ゲームのアービトラージは、原則マイナスになるという概念がありません。しかし出資したパッケージ代金を上回る利益を得るまでは本当の利益確定とは言えません。どんな話も想定外の出来事が起こらないとは言い切れませんので、絶対大丈夫とお伝えするのはお控え下さい。何が起きても余裕の範囲内でこのArgyllを楽しんでください。

  11. アーガイル社は、将来に渡り事業を成長及び長期継続する為の企業努力は欠かしません。しかし、どの企業も半永久的に事業が継続する保証はありません。

アーガイルHP

ARGYLL(アーガイル)についてもっと詳細が聞きたい

ARGYLL(アーガイル)について、もっと詳細が聞きたい場合は、こちらから必要事項を記入し送信してください。

折り返しLINEにて連絡させて頂きます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です